So-net無料ブログ作成

書評:『外交官E・H・ノーマン その栄光と屈辱の日々1909-1957

ちょっとHな小説ランキング
無料携帯小説ランキング
官能小説無料サイトランキング
著者は、その父親、奔放な文体の持ち主の中野好夫に似ない淡々たる語り口でノーマンの生涯をたどっているが、晩年を記す段になると記述はにわかに生彩を帯びる。

中野利子『外交官E・H・ノーマンその栄光と屈辱の日々1909-1957』(新潮文庫、2001)↓クリック、プリーズ。
女性コーディネターとつくる想いを叶えるスタイルリフォーム。
21日完工システムでこだわりの繁盛店を作る店舗デザイン施工。
の3つを誠心誠意の自社施工でご提供しております、神戸の西のはしっこでコツコツと工事会社を営んでいるオヤジの日記です。
ご冥福をお祈りいたします。
小説をこよなく愛する遠子先輩がかわいい。
でも、「風の歌を聴け」は小説ですらなかった。

5 軍法会議: 機械仕掛けの偏愛生活


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。